軟水と硬水

軟水と硬水の違いとは

水には「軟水」「硬水」という2つの種類に分けられます。

 

どちらの水がウォーターサーバーの水として使用されているかは、主に、メーカーによって異なります。

 

まず、軟水と硬水の大きな違いはカルシウムとマグネシウムの量にあります。

 

1000mlの水の中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といい、

 

主に、硬度が120mg/l以下の水を「軟水」、120mg/l以上の水を「硬水」というように、WHO(世界保健機関)の基準により定められています。

 

軟水は、比較的、まろやかで口当たりが良く、誰でも飲みやすいという特徴があります。

 

クセがないため、様々な料理にも適しており、とくに、香りや風味を上手に引き出せることから、日本料理との相性はとても良いといわれています。

 

また、軟水は非常にデリケートなものであるため、乳児の粉ミルクや高齢者の飲み水などにも安心しておすすめすることができます。

 

一方、硬水は、ミネラルが豊富で、やや苦みやクセがあるという特徴があります。

 

スポーツ後のカルシウムの補給やダイエット中の便秘の解消など、とくに、体のコンディションを整えるために最適です。

 

料理にも使うことができますが肉などの場合は灰汁が出やすく、

 

洋食などのパスタを茹でる際にはコシが出しやすいのでおすすめです。

 

また、硬水は胃腸に負担をかけやすいので、胃腸があまり強くないという方は気を付けましょう。

 

このように、軟水と硬水には同じ水でもそれぞれに明確な違いがあります。

 

どちらを選べば良いかわからないという方は、まず、水の使用目的について考えてみましょう。

 

水本来のおいしさを味わいたい場合は軟水を、より健康的な身体を作りたいという場合は硬水を、というように、自分や家族が求める方を選んでみると良いでしょう。

 

ウォーターサーバーがどちらの水を使用しているかはメーカーによって異なりますので、インターネットのサイトや、電話などで問い合わせて確認しましょう。

 

まずは、軟水と硬水の違いやそれぞれの特性について知りましょう!