ウォーターサーバー比較

いざという時の備蓄水として

いつ、どのようなときに災害が起こるかは、誰にもわかりません。

 

先の東日本大震災の際も、地震に伴う断水によって、とくに被災地である東北や首都圏などを中心に数々の店で買占めが起こるなど、各地で深刻な水不足が発生しました。

 

このように、災害が発生してしまってから水を確保しようと思い、あちこち探しまわっても、結局、水を手に入れることができなかったなど、徒労に終わってしまう可能性は十分に有り得るわけです。

 

断水がいつ元に戻るのかもわからず、水を使えないまま数日間から数週間を不安に過ごすのはとても辛いものがあります。

 

また、場合によっては、自衛隊や水道局などが中心となって給水を行う場合もありますが、災害の混乱によりすぐに対応できない場合も少なくないため、日頃から、家庭で必要な分の水を自分で用意しておくことが必要です。

 

そんな突然の災害のように、いざというときに役に立つのがこのウォーターサーバーです。

 

ウォーターサーバーはメーカーによっても異なりますが、一度に、数リットル単位の水を室内に保存しておくことができ、

 

また、賞味期限が数カ月から半年と比較的長く、停電時にも問題なく給水を行うことができるため、とくに災害時には重宝されることになります。

 

1日に必要な水分量は、大人で平均として1日に1人2リットルほどといわれています。これだけの水を確保するためにも、

 

ウォーターサーバーはとても有効です。何より、水道の水が止まってしまっても、水を確保できるという確かな安心感があるため、とくに、粉ミルクを飲む乳児や幼児のいるご家庭などに強く支持されている理由のひとつでもあります。

 

ウォーターサーバーを利用して、災害時に対応しましょう。

 

また、飲み水用のウォーターサーバーとは別に、お風呂やトイレを流すときに使う水を普段からポリタンクやペットボトルなどの

 

大きな容器に溜めておくようにするのも、災害時に限られた水を効率的に使うためにおすすめです。

 

備蓄水として常備し、災害に備えましょう。